鳩は人に多くの害をもたらす生き物~深刻な鳩害~

鳩対策で最も効果的な方法とは~物理的に侵入不可能にする~

病気を引き起こさないための掃除と対策~業者が行なっている施工手順~

作業員

鳩が自宅周辺に巣を作り、大量の糞をすることで人間は健康被害に悩まされるでしょう。病気になるリスクを避けるためにも、鳩対策をして鳩を近寄らせないようにしましょう。ここでは業者が行なっている鳩の糞の回収や鳩対策の方法を紹介していきます。

病気の原因を排除してくれる

鳩の糞を回収する

鳩の糞は人の健康に害を与えるため、徹底的に回収していきます。袋に鳩の糞を詰め込み外へ運び出し、清潔にすればひとまず最初の工程は完了です。糞の量によって、料金が高くなるケースもあるので覚えておきましょう。

洗浄していく

鳩の糞を回収後は、地面にこべりついた鳩の糞を洗い流します。この糞を洗い流す作業をする際には、特殊な洗剤を使用するので、完全に洗い流すことが可能です。洗剤とブラシを使い、丁寧に擦っていけば地面は綺麗になります。

消毒作業を行なう

地面をブラシで擦り綺麗にしたら、今度は消毒作業をします。消毒をすることによって糞に含まれていた病原菌を完全に死滅させることができるでしょう。塩素を使った消毒液を散布するのですが、少し臭いが残ります。しかし10分程で臭いは消えるので問題ありません。

掃除後の鳩対策

ネットを張る
鳩対策を行なう時に忌避剤などを使うケースが多いです。しかし業者に任せれば忌避剤はもちろん、防鳥ネットも駆使して鳩対策をしてくれます。防鳥ネットは物理的に鳩の侵入を100パーセント防ぐので、防鳥ネットを仕掛ければ安心です。
電気ショックシステムを置く
鳥が止まると微弱電流が流れます。このシステムを設置する時の料金は、他のアイテムと比べると割高です。手すりに鳩が止まる度に電気を流すので、鳩が嫌がります。学習能力のある鳩は、電気を嫌い自然と近寄ってこなくなるのです。鳩対策をする上では非常に効果的なシステムといえます。
TOPボタン